40代 目元 たるみ

40代の目元はたるみやすい!?原因はなに?

40代に差し掛かると、目元のたるみが気になり始める方が増えてきます。
では、この現象はいったいなにが原因で起こるのでしょうか?

 

 

まず第1に挙げられるのは、加齢による皮下のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の減少によるものです。

 

 

コラーゲンはお肌の弾力を保つ働き、ヒアルロン酸は保水、エラスチンはコラーゲン繊維同士の接続部分に存在し、コラーゲンの働きを助ける働きを持っています。つまり、これらの成分が減少することにより、お肌は弾力をキープすることができなくなり、たるみが生じてくるということです。

 

 

そして、40代以上になると現れやすいのが、目の下に溜まった脂肪のふくらみによる目元のたるみです。

 

この部分に溜まる脂肪は眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれ、加齢とともに目立ちはじめることが多いといわれています。

 

 

また、目の周囲の筋肉の衰えや、目の周囲の血行不良が災いしてたるんでしまうこともあります。

 

 

最近では、スマホ操作などによって起こる眼精疲労によって目の周囲の血行不良が起こり、これが目の周囲の皮膚をたるませる原因になることもあるといわれています。

 

 

目元のたるみはこの方法で改善を目指すことができます!

40代の目元のたるみは、一朝一夕に改善できるというものではなく、日々の努力がモノを言います。

 

 

そして、その改善方法として筆頭に挙げられるのは、コラーゲンやヒアルロン酸などの成分が配合されている化粧品で、しっかりと保湿を行うということです。

 

 

その上で、目の周囲の筋肉を鍛えるエクササイズを行うという方法が、40代の目元のたるみの改善に役立ちます。
私たちの目の周囲には、目輪筋という筋肉が存在しており、この筋肉を鍛えることによって、たるんだ皮膚の改善効果を期待することができます。

 

 

このエクササイズの方法はとても簡単、目をゆっくりと強く閉じて5秒間キープ、少しずつ瞼の力を抜いて行き、パッと大きく目を見開いて5秒キープ、最後に自然な表情に戻します。これを1日数回行うことにより、たるんだ皮膚に対する改善効果を期待することができます。

 

 

 

また、スマホやPCの画面を長時間見続けていると、目の周囲に血行不良が起こることがありますので、これらを操作する際には、最低でも1時間に1回は目に休憩を与え、血行不良を予防することも大切です。

 

 

目元のたるみの改善は、日々の努力から始まります

40代になると、どうしても皮下の美容成分が減少して行きますので、目元にたるみが現れやすくなります。

 

 

また、スマホなどの長時間操作によって血行不良が起こることも、目の周囲の皮膚をたるませる原因になることがあります。
ですが、日々根気よくケアを行って行くことによって、たるんでしまった皮膚にハリを取り戻すことは不可能なことではありません。

 

 

目元は特に年齢が現れやすい部分ではありますが、たるんでしまっていたとしても、適切なケアを行って行けば、10年後、20年後のお肌に差が現れることは間違いありません。

 

 

ひとたび皮膚がたるんでしまうと、その時点で諦めてしまう方がいますが、諦めてしまう前に、まずは効果的なケアを行ってアンチエイジングを目指すという考え方もあります。

 

 

そして、そのケアは、保湿とエクササイズという実にお手軽な方法です。

 

 

目の周囲にもう一度ハリを取り戻したいとお考えなのであれば、なにはともあれ、保湿とエクササイズを目元のたるみ対策として取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

>>>話題のアイクリームアイキララを購入する時に知らないと損するポイントとは

関連ページ

笑うと目の下の線が気になってしまう方へ
笑うと目の下の線が気になってしまう方、そんな時どうしますか?実は笑うと目の下にできる線はマッサージで緩和できます
目の下にしわができやすくなるタイプの人
目の下にしわができやすくなるタイプの人とできにくい人がいます。では目の下にしわができやすくなるタイプの人とは一体どんなタイプの人でしょうか?
目元がたるんだらエクササイズ運動が効果的!
目元がたるんだらエクササイズ運動をしましょう!ではどんな運動が目元のたるみに効果的なのでしょうか?